飢餓のない世界のために


【解説】ビギナーがマラソン大会に参加するための準備とは?

私も全くの初心者から走り始めましたし、しかも「一生走ることなんてしたくない」と思っていたところから始めちゃってますので、意外と参考になるかもしれません(笑)

最終的には年1回はフルマラソンを走っている私の経験談を少しお話します。

 

【解説】ビギナーがマラソン大会に参加するための準備とは?

 

最初は1kmも走れなかったです(笑)0.7kmくらいでバッテバテ!

自分に合ったペースというものが全くわからずに適当に走っているからこうなるんですよね。

 

そこで、まずは“しゃべれるようなペース”で30分間走ってみました。最初は辛いんですがだんだん慣れてきます。その後60分間、90分間と時間を延ばしていくのですが、走れるようになるんです。

1~2ヶ月かけて90分間走れるようになったら、10kmの大会に参加してみましょう。だいたいどの大会でも10kmの制限時間は90分なので、試してみると良いでしょう。大会の雰囲気を楽しんだり、参加賞などももらえるので楽しいですよ~♪

 

10km走れるようになったら今度はハーフが走れるように20km走をやってみましょう。時間は2時間から2時間半くらいになるでしょうか?その頃には自分に合ったペースがつかめているので、2時間半もかからないかもしれません。

どこの大会もハーフの制限時間は2時間半が多いです。ハーフは21kmなので、あと1kmはなんとか根性で走って制限時間に間に合わせましょう(笑)

21kmも走ると、走った後のビールがとっても美味しいですよ~♪頑張って走ったんですから餃子も付けましょうね(笑)いやいやその前に、銭湯などへ行って汗を流してからかな~♪

 

【解説】ビギナーがマラソン大会に参加するための準備とは?

走ることについて書きましたが、実はウェアやシューズも大事です。例年2月末に開催される東京マラソンはテレビ中継されていますが、ランナーの皆さん色とりどりのウェアを纏って颯爽と(でない場合もありますが・・・)走ってますよね~テンションを上げるためにも、好きな色のウェアやシューズで走りましょう!でないと、気持ちが継続しませんよ~

 

でも、シューズだけはスポーツショップで店員さんにお願いして一緒に選んでもらいましょう。ハーフを走る場合でも2時間くらい走り続けることになります。好きな色のシューズを選ぶのも良いでしょうが、まずはちゃんと足にあったシューズでないと脚を痛めてしまい、故障してしまいます。そうなると、楽しくは走れません。。。私にももちろんそんな経験がありますので・・・

 

また、脚の筋肉をサポートするためにランニング用のタイツを履いてもいいですね。長く走り続けることになりますから。1本あると便利です。女性にとっては足の日焼け防止対策にもなります。

【解説】ビギナーがマラソン大会に参加するための準備とは?

いろいろ書きましたが、まずは自分自身がずっと走っていられるペースを確立することなんじゃないでしょうか?他人に合わせることはありません。何はともあれ、自分が楽しければいいのです!

大会に参加すると、沿道の人や大会の運営ボランティアの人から「頑張って~!」なんて声を掛けてもらえます。健康のために走っているのに、激励の声まで掛けてもらえるなんて、なんて幸せなんでしょう!!「私って、なんて得な人生歩んでいるんだろう!」って思える瞬間です。

 

さて、フル走りますか??

 

いやいや、待ってください!今回はビギナーがマラソン大会に参加するには?ということなので、フルを走るためのお話はまた次の機会にいたします。ハーフが走れるとフルも走れるもんなので、体力を維持するためにも練習で20km走をちょくちょくやっておいてください。

 少~しだけ先を言ってしまうと、30km走をやってみておいてください。フルを走るために何故30km走が必要なのか、なんとな~く理解できるかもしれませんよ~

WRJブログ編集部の鈴木



« 前の記事へ

●エントリー締め切り延長します!

次の記事へ »

●TICAD VI(アフリカ開発会議)が間近です!